small_logo

震災直後の山手遠景

関東大震災前後の「定点」撮影に見る震災の爪痕

2枚の遠景写真

■次に示す写真は、「激震と大火に耐えて」のページに一部分を掲載した、関東大震災後の山手の遠景写真です。撮影地点は、そのページにも書いたように吉浜橋上と思われます。右側に写っている煙は当時ここにあった石炭置き場からのものです。この火災は四、五十日の永い間も炎々と燃え盛っていたといいます。細部を見てみると、それほど後ではなく、震災直後の撮影と言ってもよさそうです。吉浜橋は、地震によって「前後缺陥」の損傷を受け、応急修理されたのが9月 12 日です。撮影者は、まだ壊れたままの橋の上から危険を冒してこの写真を撮ったのでしょうか。

震災後の全景

「Canal in Yokohama after quake. with Bluff in backgrounds」
(地震後の横浜の運河。背景は山手)

■同じようなアングルで撮影された関東大震災前の写真が次の写真です。

震災前の全景

「Canal in Yokohama. with Bluff in Background where all the consulates live」
(横浜の運河。背景は領事館の全職員が住んでいる山手)

■こちらの写真は、大正 10 年(1921 年)から震災までの約2年間に撮られたものです。その理由はあとで説明します。まん中に写っている橋は、前の写真の撮影地点である吉浜橋です。したがって、この写真の撮影場所は、吉浜橋からひとつ下流に架かっていた花園橋上ということになります。これら2枚の写真は、どちらもほぼ絵葉書大で、裏面に同一の筆跡による英語でそれぞれの写真の下に示したような説明が記されています。しかし、撮影者など、詳しいことは判りません。日本国内では流布していない写真なので、横浜に居住していた米国人か英国人、それも在日領事館の関係者が撮影したのかもしれません。

■これらの写真を例によってデジタル画像にして拡大すると、思った以上に豊富な情報が浮かびあがってきます。以下で主要な部分を拡大し、関東大震災の爪痕を確認してみます。

2つの「西の橋」

震災直後の山手-北

■震災後の山手とそのふもとの状況です。少し見づらいですが、左端に「西の橋」のトラス鉄橋、その右側、コンクリート製の橋脚が見える橋が同じく「西の橋」の「電車専用橋」です。それらの背後はハゲ山状態になっています。ここに軒を連ねていた建物はことごとく崩壊しました。すさまじい地滑りの様子が見て取れます。その下にあった元町の商店街は、この土砂崩れと火災で壊滅しました。元町の名所だった「百段階段」も土砂に飲み込まれましたが、この写真の被写域からは外れています。右端に1棟だけ姿をとどめている洋館が「激震と大火に耐えて」のページで紹介した旧オウストン邸の山手 48 番館です。

■2つの橋の部分をさらに拡大してみましょう。山肌がそげ落ちている様子や人々の姿が生々しく感じられます。

2つの「西の橋」

■「西の橋」は文久元年(1861 年)に初代の木橋が架けられた横浜最古の橋のひとつで、明治 26 年(1893 年)に、このトラス鉄橋に架け替えられました。当サイトではおなじみの『古き横浜の壊滅』を著した O.M.プールは、山下町で震災に遭った後、家族を案じて山手の自宅に戻る際、この「西の橋」の壊れたトラス鉄橋を四つん這いになりながら渡ったと書いています。その直後に発生した火災により、橋の桁と橋板はすべて焼失しました。しかし、震災後、橋の躯体は上流の「翁橋(おきなばし)」に転用されて太平洋戦争の戦災を生き延び、現在も「浦舟水道橋」として残っています

■一方、「西の橋」の「電車専用橋」は明治44 年(1911 年)に横浜電気鉄道(後の横浜市電)本牧線が敷設された際に造られた、文字通り電車専用の橋でした。震災後、「西の橋」は「電車専用橋」の位置に一本化され、人と市電と車馬のすべてが行き交う大きな橋になりました。現在、元町商店街の JR 石川町駅側入口のすぐ先に、そこだけ櫛の歯が欠けたように店舗がない場所があります。そこが震災まで「西の橋」トラス鉄橋の東詰でした。

失われた家並み(その1)

震災前の山手-北

震災直後の山手-北

■丘の上の震災前の家並みと比較してみましょう。2つの写真は少しアングルが異なるのですが、山手 48 番館を目安にして、震災の前と後の映像を切り出してみました。わかりやすいように主な建物と目印に番号を付けてあります(写真の上にカーソルを置くと番号の表示が消えます)。

(1)私立横浜高等女学校「汐汲坂のなまこ壁校舎」のページを参照)、(2)レッツ・ビルディング、(3)フェリス和英女学校・東校舎、(4)フェリス和英女学校の???、(5)フェリス和英女学校・南校舎、(6)ユニオン教会、(7)桜山ホテル、
(8)山手 48 番館(旧オウストン邸)、(9)桜山ホテルの残骸、(10)西野坂、(11)汐汲坂

■震災前の写真は、丘の上の建物から撮影時期を明治末年以降と推定できますが、もう少し絞り込めないかと思って注目したのが(4)の建物です。この建物は、「フェリスの風車」としてよく知られている揚水用の風車があったところに建っています。

謎の建物

風車のあった場所に建つ建物

フェリスの風車は明治 21 年(1888 年)に設置された後、最終的に明治 33 年(1900 年)の台風で倒壊しています。震災前の写真絵葉書でユニオン教会1910 年に建設された 500 人収容の大会堂)が写っているものには、風車の残骸のような構造物が一緒に写っているものと、この建物が写っているものの2種類が存在します。ということは、この建物がユニオン教会より後に造られたものであることを示しており、1910 年以降 1923 年の震災までの間に、この場所に建てられた建物をつきとめれば、写真の撮影時期がわかることになります。フェリス女学院の学校史によると、その期間に造られた建物は、1921 年(大正 10 年)6月に落成した「体育館」だけです。
■この写真を見ると、上層階の窓が非常に高い構造になっており、たしかに「体育館」のようです。ただ、この位置にある震災前(どの時点かは不明)の建物を「西校舎」と記した史料もあります。いったい、どちらが正しいのか? 答えは、震災時の警察関係の史料に書かれていました。震災で焼失したフェリス女学校の建物の1つとして「教室兼雨天体操場木造コンクリート塗1棟(66坪)」という記述があったのです。「西校舎」も「体育館」も、どちらもこの建物を指していることは間違いありません。この「教室兼体育館」は震災前の2年間しか存在しておらず、他の写真の撮影時期を推定する手掛かりにもなるでしょう。

■もうひとつ、私が興味を引かれたのが右のレッツ・ビルディングです。この建物は彩色された絵葉書の遠景でしか見たことがなかったので、思い切り拡大してみました。桜山ホテルと同様、大変特徴的な風貌をしていることがわかりました。汐汲坂上にあったこの煉瓦造5階建ての共同住宅には、震災時、亡命ロシア人を中心に 40 人以上が滞在していましたが、建物の崩壊と猛火により生存者は数名しかおらず、一年半を過ぎても、煉瓦屑の中から数人の白骨が発見されたといいます

レッツ・ビル

レッツ・ビル(震災前)

失われた家並み(その2)

■次に山手 48 番から南側の光景を切り出してみます。

震災前の山手-南

震災直後の山手-南

(1)桜山ホテル、(2)桜山ホテルの別棟、(3)山手 47 番館、(4)カトリック教会、(5)元街尋常高等小学校、
(6)つつじ坂、(7)トンネル擁壁、(8)チェリー・マウント・ヒル(桜山)

■よく見ると山手 48 番館だけでなく 47 番館も焼失は免れていますが、2階部分が失われているようです。その右の方にある双塔のカトリック教会 (4)(明治 39 年(1906 年)に山下町から移転)は完全に姿を消しました。中央の谷の部分にいくつか階段状の擁壁のようなものが見えます (6)。上から崩れ落ちた建物かもしれません。このあたりは「つつじ坂(土方坂)」になります。ここには、いまも傾斜したブラフ積み擁壁が見られます(「山手震災痕めぐり・チェリー・マウント・ヒル跡」参照)。その右側にひときわ大きなコンクリートの擁壁 (7) がありますが、これは本牧隧道(現「山手第2トンネル」)を保護するための擁壁で、ちょうどこの下にトンネルの元町口が位置します。

■震災後の方の写真は、さらに南側の光景が写っているので、少し引いて全体を眺めてみましょう。

震災後の山手-南

■こんもりとしたチェリー・マウント・ヒルの裾にいくつか焼け残った屋根が見えます。そこから右上に向かって「つつじ坂」(この文字の上にカーソルを置くと黄色の線で表示)を上ると、元街小学校があったわけですが、そのあたりは白っぽい焼け跡と化しています。トンネル擁壁 (7) の上に引っかかっている残骸は、崩落した校舎でしょうか。大正 12 年(1923 年)9月1日の震災発生当時、元街小学校では子供たちは始業式を終えてすでに帰宅していましたが、校舎は全壊して焼失し、教員 2 人が犠牲になりました。そのひとりについては「発狂・死亡」という痛ましい記述が残されています

失われた河岸の光景

■震災前の写真には、この後に襲いかかった大災害を予想すらできない、のどかな河岸の光景も写っていました。最後は、その部分の拡大です(画像の上にカーソルを置くとさらに拡大できます)。ここは扇町と寿町の1丁目にあたります。右端の女性と背負われている子供は無事に震災を切り抜けることができたのでしょうか。(2014 年 2 月記)

震災前の派大岡川河岸

戻る| |目次へ

Copyright(c) 2011, 2014 fryhsuzk. All rights and wrongs reserved. ---- ご意見・ご感想は まで