small_logo

山手に残る敷地境界石

境界石シリーズ(3)


居留地界石 ■幕末から明治初頭にかけての山手の地所区割りの際、外国人居留地と邦人居住地の境界を示す「居留地界石」(写真右)のほかに、外国人に貸与された個々の地所を区切る「敷地(番地)境界石」が設置されました。横浜市教育委員会の調査報告『横浜山手』(昭和62年=1987年刊)によると、居留地界石は居留地制度の撤廃(明治32年=1899年)と同時に役目を終えたためか、現存するものは5個しかないそうです。それに含まれるかどうかはわかりませんが、現在も設置当時の位置に残っている居留地境界石が1つあります。これについては「現役の居留地境界石を確認」のページに詳細を記してあります。一方、敷地境界石は「...現在も各所に残されていて、居留地時代を偲ばせている」とあります。

■そこで、敷地境界石が実際にどれくらい残っているのか、山手歩きの折々に探してみたところ、これまでに公道上から確認できたものだけで右欄の6個が見つかりました。これらはみな、関東大震災や幾多の土地所有者の移り変わりと建物の建て替えを生き延び、おそらくは百年以上もほぼそのままの位置で役目を果たしているわけで、ブラフ積み擁壁と並んで、かつての横浜を語る貴重な「遺石」です。

(1)(2)は、どちらも横浜開港資料館や外人墓地前のレストラン・カフェ『山手十番館』前に展示されている居留地界石と寸法および材質が似ているので、同時期に設置されたもののようです。また、現存する敷地境界石の中では最も古そうな感じを受けます。

(3)から(6)までは、(1)(2)より堅い材質の石でできており、寸法もみな五寸角です。(4)(5)(6)の埋まっている土地は明治18年に政府に買い上げられ明治20年に新たに貸し出された外国人居留地です。その頃に設置された境界石と考えてもよさそうです。

古い境界石1 ■そのほかに、文字が確認できなかったり、寸法が少し異なっていたりしますが、同様な古さを感じさせる境界石がいくつかあります。右の写真は(4)のすぐ近くに埋め込まれている縦横18cm(六寸角)のものです。

古い境界石2 ■もう1つは山手公園内に存在します。後ろの変則ブラフ積みがこの境界石を避けて造られているので、相当古そうです。すぐ近くに「境界」とだけ刻まれた境界石もありますが、それはもっと時代が下ると思われます。

(2010年5月初稿、7月補記、2011年11月改訂、2012年9月追加、2013年9月訂正)

(1)7番地境界石。
7番地境界石

▼現在は民家の塀と一体化しており、表面の「七番」の文字しか識別できませんが、側面に文字はないようです。基部がひとまわり大きくなっており、埋めたときに土となじませるためか、いくつも斜めの削痕が入っています。(横幅24.5cm、奥行き不明、基部までの高さ 35.5cm)


(3)75番地境界石。
75番地境界石

▼公道側は上の写真のように中央の仕切り線の右側に「七十五」、左側は「」のような文字の上部だけが見えます。左側は76番地の甲にあたる場所なので、「」だろうと思われます。設置時期は明治8年ではないかと思われます。

75番地境界石側面右側の75番甲に面した側面(写真右)には、中央に「七十五」とだけ書かれています。
(縦横 15.5cm、高さ 31cm)



(5)268番地境界石。
268番地境界石

▼縦の仕切り線の右に「二百」と読めます。その上にも「」のような文字がありますが、枝番とも思えないので意味不明です。左側の文字部分は残念ながら失われていますが、仕切り線は正しく石壁とレンガ壁のまんなか、つまり地所の境界を指しています。


(追加)136番地境界石。
136番地境界石

八寸×六寸の古い?タイプですが、上部に最近のものと思われるハマ菱マークの金属製境界鋲が打ち込んであり、バリバリの現役です。この場所、とっくの昔に「北方・見晴通り」のページに掲載したところなのですが、この境界石は見落としていました。
136番地ブラフ積み擁壁右の写真のようにブラフ積み擁壁を背にして立っており、居留地時代を彷彿させます。

(2)142番地境界石。
142番地境界石

▼谷戸坂通りに面して「甲百四十二番」という文字が明瞭に読めます。左右の両側面にも、一部欠けていますが同じ地番が刻まれています。「」の上部の間延びした感じが、(1)の「番」とよく似ています。
142番地境界石裏面 裏面には「」の1文字だけが確認できました。神奈川の「神」ではないかと思われます。この境界石は唯一『横浜山手』に約20年前の写真が載っていますが、それ以後に破損しており、破片が近くに散乱していました。(横幅24.5cm、縦17.7cm、基部までの高さ34.5cm。昔の八寸×六寸、高さ一尺ちょっとという規格でしょうか)

(4)265番地境界石。
265番地境界石南面

▼南側の面に「神奈川」の文字がくっきりと見えます。その下は「」の上部のようです。
265番地境界石西面 一方、西面(写真右)ははっきりしませんが、場所からすると265番地で、そう考えれば下の方に「二百六」と読めます。その上は「」の字でしょうか。(縦横15.5cm)


(6)268/269番地境界石。
268/269番地境界石 ▼山手居留地で最も大きな番地(つまり、最も遅く造成された土地)であるせいか、最も保存がよく、刻まれた文字も風化がさほど進んでいません。中央仕切り線の右に「第二百六十八番地」、左に「第二百六十九番地」と刻まれています。側面には「神奈川縣」とあります。(縦横15.5cm、現在の地面までの高さ 31cm)


戻る| |境界石 <はじめに>| | 現役の居留地境界石を確認 | | 見過ごされていた居留地境界石 |
| 古色を秘めた道路境界石 | |目次へ

Copyright(c) 2010-2016 fryhsuzk. All rights and wrongs reserved. ---- ご意見・ご感想は まで