★前回の更新以降、5月には、このページをご覧になっていた柏葉にお住まいの方から、旧千代崎川沿いの大擁壁で解体工事が行われているとお知らせを頂きました。最終的に、解体工事はバス通りに面した一角だけで終了しましたが、長く見慣れた風景がなくなるのは、やはり寂しいものです。★なお、このあたりの石積みは長手と小口が交互に並ぶ正統派?のブラフ積みと異なり、長手2つにつき小口1つが並ぶ変則的なものが大多数です。私は勝手にこれを「W型ブラフ積み」あるいはモールス信号にならって「ト・ツー・ツー積み」と呼んでいます。山手でも正統派と同じくらいよく見られ、山手公園上のフェリスの大学校舎を囲む同様の石積みは、市が発行した一部のパンフレットで「ブラフ積み」の例として紹介されていました。はたして、単なる見誤りなのか意図したものなのか...。(2017/10/12)